台湾に貢献した人


八田與一さん 台湾南部の農業を命懸けで守った日本人がいた。

 僕たちの台湾ツアーの中で、台湾最南端にある烏山頭(うさんとう)ダム、通称「八田ダム」に行きました。
 このダム建設を指揮した八田與一(はったよいち)という日本人の名前を知らない台湾の人はいないと思います。教科書にも載っている人で、台湾の人に「日本のスーパースターを1人挙げろ」と尋ねたら、たぶん全員が「八田與一先生」と言うと思います。

 とにかく台湾の人の話を聞けば聞くほど、昔日本人が50年間の統治時代に台湾でやったことがすごいと分かります。欧米諸国のような植民地支配は台湾では一切していないんです。何といっても教育をやりました。そして、日本人がやったインフラ整備は結果的に台湾の人たちの暮らしを向上させました。その代表的な人物が八田與一さんです。
 金沢市出身の八田さんは東京帝国大学の土木科を卒業した明治43年、台湾総督府の土木課の技手として台湾に行くんです。

 当時、南のほうは毎年干ばつがひどくて、農作物が全然取れませんでした。かと思うと、一旦雨が降り出すと集中して降り、洪水が起こって作物が取れないんです。
 また、当時は腸チフスとかマラリアなどの疫病で、人がたくさん亡くなりました。植民地時代、日本人も台湾でたくさん亡くなっています。

 八田さんは、こういう疫病にならなくて済むような上下水道と農業の生産性が上がるような灌漑用水を造らないといけないと考え、国会に申請し、認められました。
 それで、八田さんが国家プロジェクトのリーダーになるんですけど、これがめっちゃくちゃ大変だったんですね。
 結局10年かかって世界一のダムを造るんです。

 日本で一番長い農業用水は愛知用水で、これは全長約100㌔㍍の幹線水路と約1000㌔㍍の支線水路です。八田ダムの灌漑(かんがい)用水の総距離、なんと1万6000㌔㍍です。地球を半周する長さです。それぐらい平等に、すべての田んぼに水が行くように造ったんです。

 着工した翌年にはトンネルで爆発事故が起こって、台湾の作業員が50人亡くなりました。
 その50人のご家族に、八田さんは一軒一軒訪問して頭を下げて謝ると同時に、「それでも工事を続けさせてください。台湾の未来にとって重要なダムなんです」と言うんです。

 大正12年に関東大震災が起こりました。それにより日本経済は壊滅的な打撃を受けます。それでダムを造る予算が半分以下にまで削られました。

 八田さんは、予算がないのでリストラをしなければならなくなりました。台湾の作業員の半分のクビを切るんです。八田さんはどういう人から解雇したかというと、最も実力のある人からやりました。
 一日も早くダムを完成させなければと考えると、技術があって、知識があって、段取りが分かっている人間を手元に置いておくのが普通だと思うんです。

 だけど八田さんは、「技術のある人間は再就職ができるけど、技術のない人間、能力の低い人間は再就職ができない。だから、この人たちのクビを切ることはできない」と考えました。そして、能力のある人のクビを切りながら、台湾中を駆け回ってその人たちの再就職先を探しました。

 そして、この技術のない人たちと10年かけて1万6000㌔㍍のダムを造ったんです。
 話を聞いていたら本当に涙が出るぐらい感動しました。
 今でも八田さんの命日である5月8日には慰霊祭が行われています。

   (みやざき中央新聞さんの記事から)

2782012345.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード