今ここ

私たちは、過去でもなく、未来でもなく、「今ここ」で生きている。
 にもかかわらず、過去に起きたつらい出来事を、
「今ここ」に持ってきて悩んでいる人が多い。

過去には楽しかったことや嬉しかったこともたくさんあったはずなのに、
それらには見向きもせず、たった一つの苦しかったことを
「今ここ」に引きずって苦しんでいるのだ。

 あるいは「このままいくと日本経済はどうなるのだ」などと、
未来に起きるかもしれない恐怖を「今ここ」
に引き寄せて心配している人も少なくない。

 確かにそれらは自然な心の動きだが、「今ここで生きている」
という基軸を見失ってしまうと精神的に病んでしまう。

 なぜなら、「意識はエネルギー」だから。
過去や未来にたくさんのエネルギーを使うと、「今ここ」を生きるために必要なエネルギーが残らない。

 

「今ここ」に意識を向けるため、スキナーさんは「ヨーガ・スートラ」
から二つの基本姿勢を紹介した。

 一つは「禁戒」。「これだけは絶対にやらないこと」を決める。
たとえば「食べ物に文句を言わない」とか「人の悪口を言わない」とか。

もう一つは「勧戒」。これはその反対で、「積極的にやること」を決め、実践する。
「ごみ拾いをする」とか、自分も他人も幸せになる道徳律を確立するのだ。

 そうやって意識のエネルギーを「今ここ」に向ける。生活とは、
「今ここ」を生きるために自分との小さな約束を守る修行である。容易ではない。
(みやざき中央新聞社説より抜粋)
2410281865_512.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード